シメのラーメンがやめられない理由

2015年5月30日   未分類

おはようございます☆
石田です
飲み会の後、「良くない」とわかってはいてもついつい食べてしまうのが、シメのラーメン。

夜遅くに脂っこいラーメンを食べると、翌朝に胃がもたれたり、脂肪もつきやすくなってしまいます。
しかし、「ダメだとわかっていても止められない」、そこにはちゃんと科学的理由があったのです!

<血糖値を上げるため食べ物を欲する>
実は理由があった!お酒の後にラーメンが食べたくなるワケ
お酒によるアルコールを分解するためには糖分が必要不可欠。
飲酒中・または飲酒後、身体は血糖値を上げるために食べ物を欲するようになります。

炭水化物であるラーメンは、血糖値を上げる働きをします。

さらに、アルコールの利尿作用で、ナトリウムが排出されてしまう、そのため体が塩分を欲しがる、ということも考えられます。

締めにお茶漬けを食べたくなる人もいますが、理由は同じです。

おつまみでお腹がいっぱいだけど血糖値は上がっていない、という状態は「シメのラーメン」を体が欲する原因です。
お酒の席では甘いものやご飯などの炭水化物も一緒に摂るようにしましょう。
<アルコール分解に必要なアミノ酸>
アルコールが体内で分解される際、分解するための酵素が働きます。
この酵素が働く上で欠かせないのが“イノシン酸“。

イノシン酸は魚や肉類などの動物性のものに含まれています。まさに、ラーメンのとんこつスープにたっぷりと入っているのです。
しかし、ラーメンには脂質も多く高カロリーなので、カツオやニボシのダシが入った味噌汁やスープを最後にオーダーして代用するようにしましょう。

★暑くなり、お酒のおいしい季節の時期ですが、体のためにも、シメのラーメンを食べる機会は減らしたほうがよいかもしれませんね

こんなお悩みな方は白橿院にお任せ!
外反母趾、歩き方、O脚・X脚、骨盤矯正、猫背
矯正、肩こり、頭痛、運動療法、姿勢矯正
あすか整骨院グループあすか整骨院 白
橿院
〒634-0051奈良県橿原市白橿町2-29-8
TEL:0744-28-7707