「野菜ジュース」だけじゃダメなんです!!!

2015年5月30日   未分類

こんばんは☆
スタッフの木口です( ・(ェ)・)♪

みなさん毎日しっかり野菜摂ってますか??
私は1人暮らしを始めてから急に野菜を摂らなくなりました(´д`lll)
健康に美容に身体のためにも欠かせない野菜。
日本では、野菜は1人1日あたり350g以上摂ることが推奨されていますが、
現代の忙しいライフスタイルの中では、毎日不足なく野菜を食べることって難しいですよね。
そんな時、手軽に野菜を補えるのが嬉しい野菜ジュース♥

でも、実は、生の野菜を食べた時と同じ効果ではなかったんです!!!
野菜が本来持っている栄養素のすべてが、そのまま市販の野菜ジュースにも含まれているかといえば、残念ながらそうではありません。
含まれる野菜や栄養素は大きく異なり、旬の季節に収穫されたものかによっても、ビタミンやミネラルの含有量は大きく左右されます。

▼生野菜と野菜ジュース、一体何が違うのだろう?
●食物繊維の「量」と「質」の違い
便秘解消などに効果を発揮する不溶性食物繊維。
水を含んで膨らむことで便の量が増え、腸を刺激することでぜん動運動を活発にし、
溜まった老廃物や滞留便をスムーズに排出する作用がありますが、
野菜ジュースになると、この効果を最大限に得るこが出来なくなります。

●「ビタミンC」の違い
野菜に多く含まれるビタミンCは、
ジュースに加工する段階で熱や酵素によって壊れてしまうことがあります。

●「塩分」「糖分」の違い
不必要な添加物や塩分、糖分が多く含まれる物もあります。
果糖やオリゴ糖など、他の糖質が含まれている場合もあります。
飲む際は、成分表示、カロリーなども注意しておきましょう。
特に果物とブレンドしてある場合は、糖分が含まれていますので、飲み過ぎは逆効果です。

▼減らない栄養成分ももちろんある!
鉄分やナトリウム、カリウムなどのミネラルや、野菜の色素であるカロテノイドなど色素のなかには、
リコピンやβ-カロテンのように、生の野菜から摂るよりも、
野菜ジュースなどや加熱して摂るほうが吸収率の良い栄養素もあります。

▼でも、基本は食べること。
 野菜ジュースは、サポーターとして活用
野菜はかむことで脳を刺激でき、味覚を楽しむことも健康の源になるので、野菜が不足した時の補助として上手に利用するのが良いでしょう。
食事で不足した分を補う目的として野菜ジュースを上手く活用しましょう!!!

▼ミキサーで作れば、ビタミンCの減少は少ない!
●スムージーは最適♥
基本は、水・野菜・果物です。
果物の糖質が多いと太ってしまうので注意!
毎日コップ1杯飲むだけでもよい変化が次々と起き始めます。色々入れすぎずに、シンプルな方が効率よく栄養を摂ることができます。

「野菜ジュースだけで大丈夫だ~」なんて思ってましたが…
しっかり野菜を食べて、これからくる夏本番に負けないようにしましょう(`・ω・´)ゞ

こんなことでお悩みの方は桜井院にお任せ!

外反母趾、歩き方、O脚・X脚、骨盤矯正、猫背矯正、
肩こり、頭痛、運動療法、姿勢矯正、交通事故

あすか整骨院グループ
あすか整骨院 桜井院
〒633-0062
奈良県桜井市粟殿72
TEL:0744-46-4040