骨盤矯正と産後の骨盤矯正の違い

2016年7月23日   未分類

こんばんわ☆
今日は通常の骨盤矯正と産後の骨盤矯正の違いについて☆

<通常の骨盤矯正とは?>

日常生活における骨盤の歪みを正しい位置に戻すのが、通常の骨盤矯正です。
日常の動作やクセによる偏った姿勢が骨盤の歪みの大きな原因となります。
その他にも運動不足、内蔵疲労、ストレスなどが影響するとされています。
骨盤の歪み方は、前後・上下・左右と人によってさまざまです。自分の骨盤がどのように歪んでいるのかを確認した上で、適切な施術をさせていただきます。

<産後の骨盤矯正とは?>

妊娠や出産にともなう骨盤の開きを正すのが、産後の矯正です。
子宮が骨盤から大きくせり出す妊娠5~6ヶ月ぐらいになると、骨盤内部の圧力が高まり、徐々に骨盤上部が開き始めます。
そして、出産時の陣痛が始まると、赤ちゃんが産道を通りやすくなるよう骨盤下部が大きく広がります。

☆帝王切開の場合は骨盤上部が広がり、自然分娩の場合は骨盤上部、下部の両方が広がります。

このように開いた骨盤や広がった腹筋を正す(内側に締める)ことが産後の骨盤矯正です。

産後の骨盤そのままにしてませんか??
7月は産後の骨盤矯正のキャンペーン実施中です

こんなお悩みな方は白橿院にお任せ

産後の骨盤矯正、リンパマッサージ

猫背矯正、肩こり、頭痛、運動療法、姿勢矯正
外反母趾、歩き方、O脚・X脚、

あすか整骨院グループあすか整骨院 白橿院

〒634-0051奈良県橿原市白橿町2-29-8

TEL:0744-28-7707

 

 

AD